子供に最大限の配慮を

LOVE

反省を活かして

シングルマザーとして子供を育てていくのは非常に大変です。経済面の問題もありますし、家庭で父親が欠如していることによる情緒の問題もあります。もちろんシングルマザーとして立派に子供を育て上げ、再婚しないという人も多いのですが、近年は再婚して新しい家庭を築く人が増加傾向にあります。シングルマザーが再婚するときにはまず子供のことについて配慮しなければなりません。子供には母親しかいない状態なのですから、再婚により母親の意識が夫の方に向いてしまうと子供は取り残されてしまいます。子供がすでに成人していたり、結婚していたりして、養育がある程度すんでいるのならば問題は起きにくいのですが、子供が小さかったり思春期頃だったりする場合は注意しなければなりません。子供との相性をよくみる必要があります。とはいえ、最初から父親になれる男性はほとんどいません。男性に父親としての完璧さを求めるのではなく、母親としての姿を受け入れてくれるかを見極めましょう。シングルマザーである以上、母親という部分に大きなウェイトがかかるのは仕方のないことです。そこを見ても受け入れてくれる人かを見極めれば、いずれはよき父親となってくれることが期待できます。また、前回離婚に至った原因を自分なりに分析し、反省点を次に活かすようにするのも重要です。夫に依存しすぎず、お互い自立した関係でいる方がよい関係を築きやすくなります。べったりと寄りかかるのではなく、助け合うという姿勢を持つとよいでしょう。

Copyright© 2017 忙しいならネットを活用すべし|シングルマザーの再婚方法を徹底解説 All Rights Reserved.